なぜケイ素を摂る必要があるのか?

 ケイ素は体内では、大動脈、気管、腱、骨、皮膚、骨、毛髪、爪、血管、細胞壁など、様々な部位に存在しています。
ケイ素は正常な成長や骨の形成にとって必要不可欠なもので、生命維持に不可欠な【必須微量元素】です。

若いときには、私たちの体の組織はケイ素を摂取する力があるので、若々しくみずみずしい肌に覆われ、硬い骨を持ち、エネルギーに溢れています。
しかしながら、年齢を重ねるごとに私たちの珪素(けい素)を摂取する力が落ちてきてしまい、これらの組織のケイ素濃度は加齢とともに減少していきます。
 ケイ素は体内で生成されませんから、老化を防ぐためにも身体の外から摂取してあげる必要があります。

【必須微量元素】が各臓器機能や体質を改善し、腸内環境の調節により栄養吸収、排泄物の排出、免疫力がアップし、自然治癒力が上がるものと考えられます。



【もっとからだ天国へ戻る】