ケイ素の働き

 ケイ素はカラダの必須ミネラルで、カラダの様々な部位に存在し、生命維持に可かせない成分です。
中でも皮膚に最も多く分布し、肌の保湿やコラーゲンを丈夫にする等の働きがあります。
また、血管壁や血液をきれいしたり各細胞に必要な栄養を届けるなど健康面でも大いに役立っています。

ケイ素は健康や美容のミネラルとして、欧米では100年以上も前から利用されて
いますが、現代ではケイ素を初め多くのミネラルの補給が不足しています。
また、加齢と共に私たちの珪素(けい素)を摂取する力も落ちていきます。
ケイ素は、美容や健康維持には欠かせない成分となってきています。 
     
  丈夫な血管に  
   ケイ素濃縮液は、血管の壁に着いたコレステロールや過酸化脂質を取り除き、血管を強くしてくれます。ケイ素濃縮液に優れた浸透力と浄化作用があり、中性脂肪を分解する力が強いためです。
過酸化脂質は、コレステロールや中性脂肪といった脂質が活性酸素によって酸化されたもので、肌の老化からアルツハイマー病やガンまで、その影響はきわめて大きいといわれています。
 
     
  糖代謝作用  
  血糖値が高い人に共通してみられるのがミネラル不足といわれています。
ミネラルは野菜などに含まれる栄養成分で、マンガン・クロム・リン・カリウム・亜鉛などがインスリンの糖代謝作用を助けます。
このようなミネラル成分がケイ素濃縮液には豊富に含まれています。
さらに、ケイ素には細胞を活性化する力があり、毛細血管を通じて体の隅々の細胞まで栄養を届けてくれますから、細胞の基本的な働きである糖の代謝機能を助けてくれます。
これによっても血圧や血糖値の上昇を抑制してくれる働きがあります。
 
     
  骨に欠かせない栄養素  
   骨を強くするためにはカルシウムが必要とされていますが、実はカルシウムを効率良く補給させるためには、ケイ素の働きが重要なのです。
「フラミンガム研究」の結果、ケイ素摂取量と骨密度に関連性が認められています。
ケイ素は皮膚や骨、毛髪、爪など身体の様々な部位に存在しており、それらの成長促進や再生を手助けする役割を担っています。
 
     
  若々しい肌に  
   ケイ素には、コラーゲンやヒアルロン酸などの肌の弾力に欠かせない組織を強くして、保水力をアップする働きがあります。
コラーゲンのあるところには必ず存在するといっても過言ではありません。
老化によるシワやたるみはケイ素不足による影響があることがわかってきています。
ケイ素は年齢とともに減りますが継続的に摂取することで肌のハリがよみがえり、たるみやしわが改善される事が期待されます。
、また保湿力が非常に高く、柔軟性・弾力性を高めてくれます。
 
 


 
 
   ケイ素を多く含む食品
 
殻類  あわ  キビ 大麦 、玄米 、米ぬか  アルファルファ  
ほうれん草 野菜  じゃがいも 赤カブ、 アスパラガス 人参  豆類
海藻類  あお海苔 ひじき はまぐり サザエ  ホタテ   ホヤ など



【もっとからだ天国へ戻る】